千里の道の第一歩①!米国高配当株投資|2020年配当収支も公開


きじとらです。

投資を始めたいけど何から始めればいいか分からない、そもそもどの証券会社を選べばいいのか、

調べてもアフィリエイトっぽいサイトばっかりや!なんて悩んでいる(悩んでいた)人も多いのではないでしょうか。

代表的な悩み
  • 株式と投信どっちがいいの?
  • 日本株と外国株と新興国株、どれがいいの?
  • 外国株ってどうやったら買える?難しくないの?
  • インデックスとアクティブどっちがいいの?
  • etc.


いざ調べてみても情報が多すぎてすぐにお腹いっぱいになってしまいますよね。

そんなとき大切なのは、とりあえず行動してみる、この精神だと思います。

行動を起こして結果を得ること。

その結果が成功だったか失敗だったかには、ハナクソほどの意味もありません。

結果を得ることでしか学べないこと理解できないこと、そのほうがずっと大事です。

ちなみにこれは、普段何かと腰の重たい私が自分自身に言い聞かせていることでもあります。

達成したいことは何か?


さてさて、いざ自分自身で始めてみると答えは一つではない、実績のあるトレーダーにも市井の個人投資家にもそれぞれのスタイルがあることが分かってきます。

どんな目的でどんな目標を掲げるか、それ次第で手法は変わるし変えなきゃいけないということですね。


きじとらの場合

なんとなくお金を稼ぎたい!というふんわりとした願望だけで、証券口座を開いてみました。勉強などしたことがないので当然稼げるわけもなく落ち込んだりもしましたが、初めから特別な人間なわけがないのです。極稀にそういう人もいるかもしれませんが、それはイレギュラーケースなので参考にしてはいけませんね。

そうやって試行錯誤を繰り返す中で、自分のフォーカスが定まってきました。

私が達成したいゴール
  • 目的   経済的自由の獲得
  • 目標   お金のなる木を育てる(生活を賄えるだけの不労所得を得る)


ゴールが定まったら次は手段を考えるわけですが、ここでは自分に合っているかどうか?が大事ですね。

  • 才能はあるか?         さほど投資センスがあるようには思えないorz
  • 人生の優先事項は何か?     仕事と子育てが何より大事
  • 使える時間はどのくらい?    限られたスキマ時間は英語学習に充てたい


私の場合はおのずと、モニターに貼りついて切った張ったをするのは無理!と悟ったわけです。

他のことをして寝ている間にお金を稼ごう


そこで、いわゆるお金がお金を稼いできてくれる状態を目指すことにしました。

お金自動発生マシンを作る、なんて表現もあったりしますよね。

その辺のことはこちらの記事でも触れていますが、2021年の1年間をかけて徐々に高配当銘柄投資に軸足を移していく予定です。

我が家の資産ポートフォリオ公開 2020年12月編 | 5,000万円突破まであと少し!


さて、実際の高配当株投資は昨年10月くらいから開始していますので、本日時点のポートフォリオを公開しようと思います。


ETFでは定番のSPYDとVYM、個別株でSO、T、ABBVで、計300万円弱を保有しています。今後ここにHDVも追加していくことを考えています。


そして昨年は、微々たる額ですが念願の配当収入を得ることもできました。


合計125ドル

伸びしろしかないですね笑

愚直にひたすら積み上げていって、とりあえず2021年内に最低でも1,000万円まで買い進める予定です。

毎月進捗を報告しますのでお楽しみに。

それではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です